このページの目次を開く

イエイが選ばれる理由

イエイ
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 主要大手はもちろん地元に強い不動産会社も査定対象に選べる
  • 早く・高く・失敗しないで家を売却したい人にぴったりなサイト

実際の体験談をご紹介

気の合う営業者に頼める。(男性/30代)

男性/30代

イエイを利用する前に、地元の不動産会社に不動産売却の依頼をしていたのですが、
半年経っても買い手がつかなかったので、インターネットで見つけたイエイを利用することにしました。

一括査定でいくつかの不動産会社を紹介してもらいましたが、
依頼を頼んだのはその中でも一番査定価格の低い会社でした。

連絡を最初にいれてくれた会社で、訪問査定の時にも親身になって売却についての話をしてくれたうえに、売却についての相談もしやすそうだったということでその会社に依頼をしました。

担当者になってくださった方に聞けば、査定価格と売却価格は同じものではない上に、
後々に変わってくることもあるということだったので、査定価格についても重視はしていませんでした。

結果的に、2週間ほどで相場よりも高い金額での売却ができました。

こんなことなら、最初からイエイを利用していればよかったと思っています。

大手でも安心はできない。(男性/40代)

男性/40代

イエイを利用して一括査定を行ったのですが、その中に大手の不動産会社があったので、仲介の依頼をしました。

査定価格も一番高かったうえに、大手の不動産会社なら大丈夫だと安心しきっていたので、
他にも査定結果を出してくれた不動産会社には、すぐにお断りの電話をいれてしまったんです。

ですが、大手からきた担当者は新人の営業者だったのか力不足で、不動産売却についての相談をしようにもどうにも頼りなかったので、無理をいって担当を変えてもらうことにしました。

次の担当者の方は仕事のできる方でしたが、できすぎるために他の依頼も受けていたため、
忙しいようで丁寧な対応はしてくれませんでした。

結果的には良い買主さんに不動産を売ることができましたが、どうにも納得のいかない不動産売却となってしまいました。

せっかくイエイで複数の不動産会社を紹介してくれたのだから、
大手だということで決めつけないで、しっかり会社を見極めたらよかったと後悔しています。

住宅ローンが残っていても売却できた。(女性/40代)

女性/40代

住宅ローンの残っていた物件だったんですが、なんの問題もなく売却することができました。

イエイでの一括査定で、住宅ローンが残っている物件を売却するのに強い
という不動産会社
を紹介してもらい、その不動産会社に不動産売却の依頼をしました。

仕事の都合上、時間が取れなくて不動産会社へ行くこともできず、売却することを後回しにしてきましたが、イエイでは一括査定を素早く済ませることができたうえに、住宅ローンの残っている物件でも売却ができる不動産会社を紹介してくれたので、一括査定をして良かったと満足しています。

担当者になってくださった方は銀行の方を説得するなど積極的に売却のための行動をしてくれていたので、相談もしやすかったです。

対応の丁寧さ、売却する速さ、納得のいく不動産売却ができてよかったです

よくある質問

イエイってなに?

イエイとは、不動産の査定を無料で行ってくれる一括査定サイトのことです。

一度の査定結果によって、複数の不動産会社からの査定結果をリアルタイムで送ってもらえるため、
すぐに不動産の売却を行いたいという人にオススメのサイトです。

マンションや一戸建て、土地や倉庫などの査定もすることができるので、
物件や土地の売却を考えている場合はイエイで査定の検索をしてみてください。

不動産会社へ行く時間がない場合でも、イエイはインターネットさえあれば1分ほどで査定結果を出してくれます。

仕事や子育てなどで忙しく、不動産会社に行く時間を作ることができないという方は、
イエイで査定をして売却の依頼をしたい不動産会社を探してみてください。

地元の不動産会社も紹介してくれるの?

イエイは大手の不動産会社だけでなく、地元ににある有力な不動産会社の紹介もしています。

一括査定をする際に地域も入力されるので、査定の結果を出す時に地元の有力な不動産会社も紹介されます。

大手の不動産会社だからというだけで依頼を任せられる安心感はありますが、
有力な不動産会社が地元にもあるなら、そちらを利用したいとも思いますよね。

近場にあるだけで担当者と相談もしやすく、連絡もいれやすいので、
売却についての知識があまり無いという方でも安心して依頼を任せることができます。

不動産会社から営業電話が頻繁にきたら?

依頼をした不動産会社からのしつこい営業電話をされることを不安がる人は少なくありません。

悪徳業者やしつこい業者の方は特に依頼をする気がなくても、営業電話を頻繁にかけてくることがあるので、
そういった不動産会社にはあたりたくないと思うのが当然です。

イエイではそういった不動産会社を徹底的に排除しているので、営業電話をしつこくかけられることもありません。

それでも全くないと断言できるわけではないので、もしもイエイを利用して、
しつこい業者からの電話をなんとかしてもらいたい場合はイエイのお断り代行サービスを利用してください。

このお断り代行サービスは無料で頼めることができ、営業電話を頻繁にかけてくる業者へ、
勧誘を止めるように話をつけてくれるようになっています。

一括査定って時間がかかる?

通常、不動産会社へ行って査定の依頼をするまで時間がかかることがほとんどなので、
イエイで行う一括査定も時間がかかるものだと思われるのがほとんどです。

ですが、イエイで行う一括査定は最低でも60秒で終わるので、簡単に査定を済ませることができます。

わざわざ不動産会社へ足を運ぶ必要もなく、自宅ですぐに査定を終わらせることができます。

また、一社だけに査定をしてもらうのではなく、複数の不動産会社から査定をしてもらうので、
査定結果をすぐに見ることができる他、他社との比較ができるようにもなっています。

不動産の査定について、どこの不動産会社へ依頼すればいいのか迷っている方や、
普段忙しくてなかなか査定をしてもらう時間が取れないという方
はイエイでの一括査定をしてみてください。

やっぱり、大手の不動産会社のほうが査定額は高いの?

査定額は、一社に依頼しただけでは比較ができません。

ですが、一括査定をすれば、その場でそれぞれの不動産会社が提示する査定額を把握することができるので、
不動産売却に不慣れな人でも不動産会社を選びやすくなっています。

この時に、大手だから査定額が高くなるのは当たり前だと思っていてはいけません。

中小企業の不動産会社でも有力な実績を残している場合があり、
大手が提示する査定額よりも高めの価格を提示していることもあります。

査定額について比較しないまま不動産売却を進めてしまうと、売却が終わった後になって、
査定額が100万も違う不動産会社を見つける
方もいます。

後悔する前に、一括査定で複数の不動産会社の査定額を比較するようにしましょう。

査定額と売却価格は同じ?

査定額とは、一括査定などを行った時に提示される価格のことです。

売却しようとしている不動産の土地や外観などを基準にして、不動産会社側から見た物件が
実際にはいくらで売れるのかを想定した最大金額が査定額となっています。

また、売却価格は、売り主と買い主が納得のいく交渉の末に決まった時の売却金額になります。

そのため、どれだけ査定額が高くても、その査定額通りの金額で売却できるかどうかは
売却時の買い主との交渉に限っている
と言っても過言ではありません。

買い主との交渉によっては、査定額よりも低い金額となった売却価格で不動産を売る場合もあります。

他にも、不動産が老朽していたり、不動産会社側から見た物件が汚れていたり
不評の多い点があると、査定額が下げられることもあります。

査定額よりも高い価格で売却したい時は、不動産会社から来た担当者と相談したり、
内装をキレイに保つなどしておくことが必要です。

不動産を売却する方法って?

不動産を売却する方法としては、買い取り業者へ売却するか、仲介業者に売却するかの2種類があります。

買い取り業者に不動産を売却する場合、不動産を売却する相手は不動産会社となります。

査定をして買い主を探す方法とは違って、すでに買い主がいる状態でのスタートなので、
不動産を早く売却したいという方におすすめの方法です。

また、不動産会社へ売却すれば、不動産の売却価格となった現金をすぐにもらうこともできます。

仲介業者に不動産を売却する場合は不動産を買う相手が一般人となるため、売却まで時間がかかることがあります。

ですが、最初に提示された査定額よりも高い価格で不動産を売却することもできるので、
できるだけ不動産の売却価格を、高くしたいという人におすすめの方法となっています。

買い取り業者に売却するメリットやデメリットは?

買い取り業者に不動産を売却する時のメリットとしてはまず、
不動産の売却活動を周囲に知られることがないというものがあります。

すぐに不動産を不動産会社に売却することができるので、売却活動を周囲の人に知られる心配がなくなります。

他にも、仲介業者で売却する場合は内装を見せるために見学会などを設ける必要があるので、
内装をキレイにしておかなければいけませんが、買い取り業者の場合はそういったことをする必要がありません。

また、買い取り業者に売却すると仲介手数料が発生しないので、売却する時に必要となる費用をいくらか浮かせることができます。

デメリットとしては、仲介業者に比べて売却時の価格が安くなってしまうことです。

地域にもよりますが、相場によっては3割ほど安くなることもあるので、
売却価格をできるだけ高くしたい方は買い取り業者へ売却することを検討するようにしてください。

仲介業者に売却するメリットやデメリットは?

仲介業者に売却する際のメリットは、査定額よりも高い売却価格で不動産を売ることができるということです。

地域差や土地によって差は出てきますが、相場以上の価格で不動産を売却することも仲介業者での売却なら難しくはありません。

信頼のできる不動産会社へ査定の依頼をして、売却価格についての相談もしておけば、
親身になってくれる担当者なら要望を聞き入れて、相場よりも高い額での売却を可能にしてくれます。

見学会の時に気をつけるポイントなども把握しておくと、買い主が不動産を買いたいと思える場所を提供することができ、
売却時の買い主との交渉もスムーズに進めることができます。

デメリットとしては、売却できる時期がいつなのかハッキリとは決まっていないため、
引っ越しなどの段取りがやり難くなってしまう点です。

そのため、仲介業者での売却を考えている方は、時間にゆとりがあるという時に売却活動を始めるようにしましょう。

不動産売却の時にかかる税金は?

不動産売却をした時、必ずしも税金を払う必要があるのかというと、実はそうではありません。

不動産売却の際に不動産を買った時に比べると、安い価格で売却することになったという場合は、
損金がでたということで税金を支払う必要がありません。

不動産売却時に支払う税金は、利益が出た時にだけ支払うようにしましょう。

不動産を買ったときよりも高い価格で売却することができた場合や売却益が発生して、
その中でも譲渡所得が3000万円を超えた時にだけ、不動産売却の時に税金を支払うことが決められています。

こうした税金の計算は、専門的な知識が必要になってくることもあるので、税金の計算については税理士に任せることをおすすめします。

計算を間違えてしまうと、払う必要のない税金も払ってしまうことがあるので、
不動産売却時の税金についてどうすればいいのかわからない場合は、税理士の方に相談するようにしてください。

不動産個人売買って何?

不動産個人売買とは、言葉の通り、個人で不動産の売買を行うことです。

この不動産個人売買を行う場合、不動産会社に相談することなく、個人のみで不動産を売却することになります。
買い主を自分で探す必要があり、不動産を売却する時に必要な書類などの準備も個人で行わなければいけません。

不動産会社に依頼をしていないので、仲介手数料などの費用はかかりませんが、
膨大な知識と労力を必要とするので、専門的な知識がない方にはおすすめできない方法です。

他にも、買い主がすでに決まっている場合は売却も問題なく進めることができますが、
まだ見つかっていない場合は買い主を探すために自分で不動産の情報を掲載する必要があります。

また、個人間で売買を行われるので、トラブルが発生した時も不動産会社に頼ることができず、
自分たちの間で解決しなければならなくなります。

不動産を売る前にしておくことは?

不動産を売却する前に知っておいたほうがいいことは、自分のいる地域での相場です。

所有している不動産の価値について知らないまま不動産会社を頼った時、提示された査定額が正しいものか判断することができません。

相場価格について知らないまま近場の不動産会社などを頼ってしまうと、
後になって査定額が低いことに気づくという場合もあります。

そのため、必要最低限の情報として、相場についてはきちんと調べておくようにしましょう。

査定額だけでなく、売却時の価格の相場についても調べておきましょう。
査定額と売却価格は違っているので、2つの価格の相場を知っておくことが必要です。

住宅情報誌やインターネットでの不動産情報サイトなどを見て、情報を事前に入手しておいてください。

一括査定の時、査定額の高い会社に依頼すれば安心?

イエイで一括査定を行い、査定額が一番高い不動産会社を選んで、そのまま依頼をするという人もいます。

ですが、不動産会社によっては、担当者が依頼主である買い主の話を親身になって聞いてくれず、
要望が通らないまま売却までいってしまうこともあります。

そのため、不動産の状態を確認するために行われる訪問査定で、
それぞれの会社からやってくる担当者の態度をしっかりと把握するようにしておきましょう。

売却までの時間は長いので、これから不動産売却の相談がしやすいか、
要望などをハッキリ言える相手かどうかを判断する必要があります。

この時に担当者が信頼できないと、不動産売却もスムーズに行われないことがあり、
売却についての説明が理解できないまま終わってしまうというパターンもあります。

訪問査定にやってきた担当者を見てから、どの不動産会社に依頼をするか決めても遅くはありません。

このページの先頭へ